菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

【ご報告】新しい会派になりました

f:id:naoxinfo:20170530092837j:plain

5月23日の本会議が終了し、今年度の議会運営にかかる布陣が確定しました。議長は佐藤光議員、副議長は小野寺慎一郎議員に決まりました。

 

さて、今月中旬の新聞報道でもありましたが、5月の議会において、新しい会派「県政会」へ入団することになりました。

 

以前、3月に会派を解散し、所属議員が皆一人会派となったことをご報告しました。

 


県議会においては「交渉会派」と呼ばれる所属議員4名以上の会派とそれ以外の会派では、様々な点で制約を課されます。例えば、代表質問ができない、一般質問や委員会の質疑の時間が制限される、控え室に事務員が配置されない、諸々のワーキンググループや議会内の議論に正規のメンバーとして参加できないことなどが挙げられます。

一方で、前回の会派の解散の経緯から、自ら他会派や他の議員と交渉してまで、交渉会派への所属に執着する思いもなく、残り2年の任期は一人会派で行くつもりでしたし、その中で最大限自分に何ができるのかを考えていました。実は、毎回質問主意書を出し、討論にも立てば、それなりの議会活動量も確保できるかなとも、前向きに捉えていました。

 

そのような中、5月8日の夜に県政会の相原高広団長より入団のお話を頂きました。県政会は県議会内では最も歴史のある会派の一つで、基本的には無所属の議員を中心に構成されている会派です。政党政治を基軸に行われる神奈川県議会においても、政治信条や選挙区の事情から一定数の無所属議員が存在し、そのような無所属の議員が集まり会派を構成しています。

 

相原団長とは普段から政策的な意見・情報交換をする仲であり、私は以前に1年間だけ県政会に所属していたこともありました。

 

このお誘いを受け、自分なりに一人会派でいくことと県政会に入団することのメリット、デメリットを勘案し、入団の意思を相原団長にお伝えしました。

 

メリットとしては、質疑の機会を確保できることや、事務員などの助けを得てより広範な活動のマネジメントができること、私のライフワークである議会改革や地元課題である厚木基地の騒音解消について、会派として正式な枠組みで関われることがあります。また、以前と違い無所属議員中心の会派ですので、国の政局に翻弄され会派運営に影響を受ける部分が少なくなることも、私にとってはメリットかもしれません。

 

一方でデメリットとしては、そんなに大きなものは存在しませんが、ゼロから作った県進会と違い、多少の政策的な配慮を求められています(ただ、その県進会も一丁目一番地の公約を反故にする議員の行動が引き金となり崩壊に向かってしまいましたが、、、)。基本的には黒岩知事の方向性に全面的に賛同する会派なので、その部分に対する配慮は必要となります。

 

今年度は、文教常任委員会に所属します。県議も9年目になりますが、教育関係の常任委員会に所属するのは初めてです(特別委員会はある)。改めて、教育関連の分野の知見を広げながら取り組んでいきます。また、特別養護学校など福祉分野だけれども、所管が教育委員会であるものもあるので、これらの点については専門性を持って臨みます。

 

また、団長のご配慮により神奈川県厚木基地騒音対策協議会の委員を引き続き務めることになりました。空母艦載機の移転も含めて、基地問題が大きく動く可能性がある年だけに、大和市選出の議員としては非常にありがたいことです。これだけでも交渉会派に所属した意味があるかもしれません。

 

さらに、会派異動をしたばかりということもあり、会派としての役職は一切なくなりました。ただ、前期・今期とずっと政務調査会長を務め(他の会派では一年ごとに交代することが多い)、会派業務にも相当の責任を頂いて動いてきただけに、少しオーバーワークな部分もありました。したがって、自分自身の議員活動のみに集中できるという点で、個人的には前向きに捉えています。

 

なお、結果的に県進会に所属していた5名の議員の内、4名の議員が県政会に合流しましたが、3月下旬の時点で各自別の会派になっていますので、特段連携をとったりしていたわけではありませんし、それぞれが自らの政治判断で決めたことです(5月になるまでそれぞれの意向は知りませんでした)。ただ、2年間共に活動してきた仲間の多くとまた一緒に活動できることは素直に嬉しいですし、結果的により大きな9名の交渉会派に異動しことは収まりとしては良かったのではないかと思っています(ひょうたんからこまみたいな感じです)。受け入れてくださった県政会の皆さんに感謝を申し上げます。

 

いずれにせよ、与えられた立ち位置で最大限に効果的な成果を議員としてあげていくことには変わりはありません。

今後とも菅原直敏の活動を注視して頂けたらと思います。

 

千里の道も一歩から

神奈川県議会議員

菅原直敏

第239回県政スクエア〜今身近に起きている福祉・街作りイノベーション

2017年5月14日に、大和市渋谷学習センター多目的ホールにて開催した「第239回県政スクエア〜今身近に起きている福祉・街作りイノベーション」が終了しました。

 

f:id:naoxinfo:20170530103206j:plain

私の基調講演である「全国の課題先進地域をまわってわかった、大和の福祉・まちづくりの可能性」から始まり、その後5組のプレゼンターの方々がそれぞれの調査したことや取り組みについて報告しました。

f:id:naoxinfo:20170530103530j:plain

大和市の福祉について発表する赤嶺太一大和市議会議員。

 

f:id:naoxinfo:20170530103602j:plain

大和市の福祉について発表する佐藤正紀大和市議会議員。

f:id:naoxinfo:20170530103719j:plain

フードバンクについて発表する染矢さん。

f:id:naoxinfo:20170530103823j:plain

大和市の外国籍市民についての調査を発表する正木さん。

f:id:naoxinfo:20170530103907j:plain

Music of mindの取り組みについて報告する錦谷さん。

f:id:naoxinfo:20170530104002j:plain

ご自身の脳梗塞からの復帰体験を話す伊藤さん。

f:id:naoxinfo:20170530104114j:plain

最後はMusic of mindによる「365日紙飛行機」の合唱でフィナーレ。

 

会場にも多くの方々がご参加くださり、本当に嬉しく思っています。

 

当日の基調講演の動画はこちらです。

 


菅原直敏基調講演:第239回県政スクエア〜今身近に起きている福祉・街作りイノベーション


千里の道も一歩から

神奈川県議会議員

菅原直敏

日本の地方議会のあり方こそ、世界の例外〜憲法記念日だからこそ考えてみよう

過疎の村が議会を廃止しして、直接民主制を選択するという新聞記事を見ました。

 

論調は総じてネガティヴ。舞台は高知県大川村ですが、高齢化が進み、議員のなり手もおらず、議会の維持が難しくなったことが、直接民主制を選択する理由とのこと。

 

実は、地方自治法94条では「議会を置かず、選挙権を有する者の総会を設けることができる」と定められており、総会による直接民主制は法律で保障された制度です。

 

しかし、記事の中での和田村長のコメントでは、「(総会設置は)最悪の事態」と消極的。

 

日本には二元代表制と言われる形の首長・議会型の地方議会がほぼ全てであり、過去事例がほとんどない総会について消極的になるのは理解できますが、日本の常識の枠を飛び越えてもう少し俯瞰してみてみる必要もあると私は考えます。

 


ここで少し考えてみたいのは、戦前に日本が地方自治の制度を参考にした欧州や戦後にそうした米国においても、地方議会が国の法律で細部まで規定され、実質的に首長・議会型の地方議会のみしか認めていない事例は例外的であるということです。

 

米国では連邦政府が、日本の地方自治法にあたるような地方議会の細部を決めた法律はありません。また、基礎自治体のあり方についてはむしろ州法で定められていますが、議会の形式も含めて広範な地方議会のあり方を認めており、その中には直接民主的な形も存在し、選択されています。議会のない自治体も珍しくありません。

 

英国でも、地方議会のあり方を住民が決められる仕組みを導入しています。ドイツも州によって内容はまちまちですが、様々な議会のあり方を認めています。もちろん、議会のない自治体もあります。

 

このように考えると、日本だけが首長と議会の二元代表制という幻影に囚われすぎて、地方自治の本質を考える機会を逸しています。ただ、止むを得ない構造もあります。

 

ここで日本国憲法について考えたいと思います。

 

憲法93条において以下のように規定されています。

1項「地方公共団体には、法律の定めるところにより、その議事機関として議会を設置する。

2項「地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。

 

このように地方議会のあり方を憲法で固定してしまっている国は欧米の主要国の中では、私の知る限り日本だけです。このこと自体が比較憲法的にも例外的です。米国の強い影響下でできた憲法であるにもかかわらず、地方自治の多様性を認める内容にならなかった点が歴史憲法学的には興味深いところです。

 

私はこの規定を改正し、地方議会(最終的には地方自治)のあり方について、より多様性を持たせるべきであると考えています。

 

その意味で私は改憲派です。

 

憲法改正というと、イデオロギー色の強い政治勢力が「9条の是非」に論点を誘導しがちですが、私は民主主義の根幹である93条の議論も優るとも劣らずに重要であると考えています。

 

一番身近な地域における民主主義こそが、国の基盤でもあるからです。

 

したがって、「法律・制度がこうなっているから、こういう議会にすべき」という視点ではなく、「地方自治を住民が運営していくために適切なやり方だから、議会のあり方はこうあるべき」という視点で日本の地方議会制度は組み直す必要があると私は考えます。

 

最近は、介護・福祉の発信が多いですが、地方自治のあり方は私のライフワークの一つです。

 

みなさんも憲法記念日のこの日に考えてみませんか、地方議会のこと。

f:id:naoxinfo:20161220191001j:plain

 

講演会:今起きている、小さく身近な福祉・街作りイノベーション〜大和発☆福祉で街作り~小さな一歩からユニークな福祉まで〜第239回県政スクエア

f:id:naoxinfo:20170417073936j:plain

 

今回は、菅原直敏の基調講演の他に、5組のプレゼンターによる取り組みが紹介されます。一般人がプレゼンに立つ新しい取り組みです。

【導入】
全国の課題先進地域を回ってわかった〜大和の福祉・街作りの可能性

 4年前より、介護・福祉職として高齢者福祉の現場で働き始め、専門性を高めながら、全国の課題先進地域を調査・研究してきました。世界で最も高齢化率が高い群馬県南牧村、財政が破綻しインフラ整備も満足にできない夕張市、多様性と排他性がぶつかり合うニューヨーク市など回った地域は100以上に上ります。何百人という人と意見を交わしてきました。
 特に国内の課題先進地域の事例は、遅かれ早かれ大和市でも課題になる時期がやってきます。この際、課題を解決するのは綺麗に整備されたインフラではなく、行政からの補助金でもなく、前向きに行動する人々を中心とした営みです。
 今回は基調講演にて私から全国で興味深い福祉・街づくりにかかる事例を紹介させて頂きます。その後、大和やその周辺の地域で小さな一歩を踏み出して、課題解決に取り組んでいる一般の住民の方々を中心としたプレゼンテーションをご覧頂きます。
 おそらく、参加者された方々が触発される活動であり、小さくても良いので地域や社会へ一歩を踏み出すことの意義を感じて頂けると思います。

●基調講演:課題先進地域を回ってわかった、神奈川県・大和市の福祉の可能性
講演者:菅原直敏

1978年生(39歳)。神奈川県議会議員(無所属・3期目)。介護施設を運営する法人で法人本部長として現場に関わる。社会福祉士・保育士等の福祉にかかる専門国家資格を有し、ソーシャルワーカーとして世界各地で社会課題解決への活動を始めている。上智大学大学院総合人間科学研究科社会福祉学専攻にて、持続可能な介護保険制度に向けた研究も行なっている。

●プレゼン1:「突撃ルポ。大和市の外国人コミュニティに潜入!」
大和市は昔から在日系のコミュニティがあり、その後難民や労働者として東南アジア系や南米系の外国人のコミュニティが発達してきた国際的な地域です。しかし、彼らと直に深く関わる機会がある人は少ないのではないでしょうか?普段外国人と接することが少ない鈴木さんと正木さんが大和の外国人コミュニティの歴史を調べ、実際の現場に飛び込み交流したルポをプレゼンテーションします。発表者:鈴木忠之さん、正木徹さん

●プレゼン2:「飽食でも飢える時代〜フードバンクってなんだ!?」
フードバンクとは、お店や家庭で余った食べ物を生活困窮者や施設に届ける活動です。昨年、神奈川県知事が支援のプラットフォームを作ることを決めたことで話題になりましたが、大和市ではお隣の座間市を拠点とするNPO法人ワンエイドさんが活動しています。今回は勉強会でフードバンクに興味を持った染矢さんが、当初は行政にも理解されず門前払いをされていたその活動が裾野を広げるまでの過程を追い、実際に活動に関わった所感をプレゼンテーションします。発表者:染矢由美子(サポーター:NPO法人ワンエイド)

●プレゼン3:「湘南発の障害者を中心としたユニットができるまで」
 知的障害者就労支援施設に通う障害を持った方々を中心に構成される、湘南・藤沢発のユニット「Music of Mind(ミュージックオブマインド)」。彼らの活動の軌跡を錦谷さんがプレゼンテーションします。お隣の藤沢市で展開される素敵な音楽とともにお楽しみ下さい。発表者:錦谷陽子さん(Music of Mind)

●プレゼン4:「数字で考える大和の福祉」
 2015年の統一地方選挙で2期目を迎えた赤嶺太一・佐藤正紀両大和市議ですが、彼らは政治とは全く無縁の会社員でした。好きな大和の為に活動する彼らが、議員活動を続ける中でわかった大和の福祉の課題や可能性についてわかりやすくプレゼンテーションします。発表者:赤嶺太一大和市議、佐藤正紀大和市議

●プレゼン5:「脳梗塞に負けず働きたい!〜要支援が介護ボランティア」
 2年前に脳梗塞を発症し、半身不随になった伊藤さん。1年間の血の滲むようなリハビリの成果で要介護2から要支援2まで介護度が下がりました。この際に彼が選んだ道は、要支援者を対象とした介護保険サービスを使うのではなく、ボランティアとして介護施設で働きながら、さらなる機能訓練向上を目指すこと。テレビや雑誌等のメディアでも取り上げられている伊藤さんの革命的な取り組みを、自らプレゼンテーションします。発表者:伊藤文治さん



【会名】講演会:今起きている、小さく身近な福祉・街作りイノベーション〜大和発☆福祉で街作り~小さな一歩からユニークな福祉まで〜第239回県政スクエア
【日時】5月14日(日)/ 14〜16時(開場13時:活動紹介ブースや演奏があります)
【場所】大和市渋谷学習センター多目的ホール(高座渋谷駅西口徒歩0分)
【備考】参加費なし。
【定員】200名(先着順)
【問い合わせ】メール:naoxinfo@nao.tv/電話:046-259-6240/大和市福田1974-10-302
【主催】菅原直敏政務活動事務所

【当日プログラム】
13時00分 開場
・13時から会場入り口で、ボランティアで関わって下さっている方々の活動を紹介しています。
・13時半より、会場内でMusic of Mindの演奏があります。
14時00分 開会
14時05分 基調講演 菅原直敏:「課題先進地域を回ってわかった、大和の福祉の可能性」
(休憩)
14時40分 みんなのプレゼンテーション
①「突撃ルポ。大和の外国人コミュニティに潜入!!」/②「飽食でも飢える時代〜フードバンクってなんだ?」/③「障害者を中心とした湘南発バンド」/④「数字で考える大和の福祉」/⑤「脳梗塞に負けず、働きたい!」(各発表者12分程度)
16時50分 専門家による講評
16時10分 フィナーレ(Music of Mindの歌とともに)/16時15分 終了

 

昨年の様子はこちら


寒の戻りと議会報告〜第238回県政スクエア 〜赤嶺太一大和市議との共同開催〜

f:id:naoxinfo:20170327185857j:plain

 

寒の戻りでしょうか、冷たい雨が打ち付ける中、第238回県政スクエアを開催しました。

 

赤嶺太一大和市議会議員との共催です。

 

赤嶺議員も毎月スクエアを続けており、彼の通し番号は70数回とのこと。これは彼の初当選時の公約事項。こういう姿勢は評価されても良いかなと思います。

 

さて、彼とは様々な政策分野で普段から意見交換や連携をしていますが、2016年度の議会報告をそれぞれの立場から行いました。

 

私からは以下を中心にお話をしました。

 

1.議会改革

  • 開かれた議会:議案のネット公開、委員会のインターネット中継、政務活動費の使途の厳格化
  • 議論する議会:本会議場における運営改革、多様なWG
  • 効率的な議会:タブレットPCの導入、メールによるやり取りの常態化、視察費用の半減

2.介護・福祉

  • 保育士試験の複数回開催実施
  • フードバンクへの支援
  • 介護、障害者福祉などへの諸提言(津久井やまゆり園関係、共生憲章、生活困窮者支援)

 3.その他

  • 空母艦載機の岩国への移駐(11月より)
  • 交通違反について県政史上初めて取り上げる
  • 給与・報酬引き上げ改正条例への対応 

【ご報告】会派を解散しました。

 

f:id:naoxinfo:20170325085600j:plain

 

 

3月24日付の新聞各紙で報道されましたが、県進会神奈川県議会議員団は同日付を持って解散しました。所属議員5名は全員一人会派となりました。神奈川県政史上、会派の解散は何度もありましたが、その所属議員が全て一人会派となることは初めてのようです。

 

民進党籍を持っている議員(旧維新の党系の3名)と無所属(私も含めて2名)の混合会派であったので、いずれかの時期に違う道を進むことは想定されていたのですが、会派解散の過程や理由が残念であり、狐につままれたような感じです。

 

会派の解散は、今後の議会活動に関わる重要なことである上、新聞報道もされ実際の経緯や理由についての質問もありますので、速やかにご説明しなければならないとご助言を頂きました。ただ、多少経緯が複雑で私だけで説明しきれることではないので、「事実をベースにして」、私の説明できる範囲の部分について記述します。

 

1.会派を解散した理由

 

さて、会派を解散した表向きの主な理由は報道にあるように「条例改正案の賛否が分かれたこと」です。その条例案とは主に以下の4つです。

 

・知事及び副知事の給与等に関する条例等の一部を改正する条例
・県議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例
・職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例
・学校職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例

 

簡単に説明するとこれらの条例は、県議会議員、知事・副知事などの特別職及び職員や教職員の「期末手当や給与を引き上げる」ことを内容とした改正条例です。

 

2.解散を理解する上での前提条件

 

まずは解散に至る経緯を理解する上で重要な会派の設立の流れをご覧ください。

 

2015年の改選期、県議会内会派「県進会神奈川県議会議員団」の前身である「維新の党・無所属神奈川県議会議員団」が維新の党所属の議員5名と無所属の議員(菅原)1名の計6名で結成されました。

 

維新の党の所属議員の訴えてきた一丁目一番地の公約は「身を切る改革」であり、議員報酬だけでなく職員給与の大胆な削減を主張していました(ちなみに私はそのような公約はしていない)。

 

したがって、昨年(2016年)2月に今回と同じ報酬や給与の引き上げの改正条例が上程されましたが、会派として全てに反対しました。なお、私が反対した理由は「身を切る改革」だからではなく県財政の厳しさによるものであり、この点は昨年のブログにおいて説明させて頂いています。

 

参考:「反対するのも議員の役割」

 

その後、維新の党と民主党との合流に伴い、1名の議員が円満に離団し、2016年5月より、現在の県進会として5名で会派は再スタートを切りました。

 

以上の経緯からは、今回の同内容の条例改正案に反対することこそが、私たちの会派の存在意義であったことやその実績もあったことがご理解頂けると思います。

 

3.団長からの突然の賛成の提案

 

私が会派の解散を「狐につままれたような感じ」と表現したのは、前述の会派の成り立ちと実績からして、これらの4つの議案で採決が割れることは想定外だったからです。

 

2017年2月より第1回定例会が開催され、知事が本会議場で認めるほど県財政が厳しいにも関わらず、昨年同様に諸々の報酬・給与の引き上げにかかる条例改正案が提案されました。

 

私は政調会長として、反対の方向で会派事務を進めていたのですが、ここで想定外のことが起きました。団長である赤野たかしさんが全ての条例案に賛成したいと提起したのです。これはかなり想定外でした。

 

もちろん、私たちの会派はオープンなので、団員全員に自由な発言権がありますし、全員が納得するまで議論もします。最終的に意見が別れれば多数決で採決をとり、会派の意思決定を行うこともあります。したがって、赤野さんの提起自体には問題はありません。

 

ただ、私が赤野さんの提起が想定外であったと感じた理由は、彼はみんなの党時代から自他共に認めるほど「身を切る改革」を最も訴えてきた議員であったからです(今議会の代表質問でもそのような内容を訴えていました)。赤野さんをご存知の方々であれば、誰もが卒倒するくらい驚く路線変更です(私も6年近く、親しくお付き合いさせて頂いてきましたが、誰よりも言ったことを守る人だと理解していました)。

 

その後は、3月22日付の神奈川新聞の報道にもあったように、赤野さんが会派の意思決定とは異なる採決態度を総務政策常任委員会で表明してしまうなど会派として対外的にも統一した意思を表明することが困難になり、議事運営に混乱が生じ、結果的に報道にあるような今回の解散劇となりました。

 

以上が、多少はしょる形になりましたが、今までの会派行動や新聞報道も加えた「事実ベース」のご説明です。

 

なお、今回の解散の説明をするにあたり、赤野たかし議員の名前を出しましが、これは彼の態度変更が今回の解散劇における重要な要素であったためであり、解散の責任が彼のみにあると言っているわけではないことは誤解がないようにお願いします(私自身は彼に対して他意もありませんし、友人です)。解散の責任は所属する5名の議員に等しくあると私は考えています。

 

ただ、3月24日付の読売新聞の報道に赤野さんは「採決が分かれてしまった以上、会派として成立しないと判断した」と解散理由を説明していますが、その遠因を作ったご自分の「態度変更」の理由だけはしっかりと説明して欲しいと思います。この点の説明なくして、解散劇の全容は明らかになりませんし、私には説明できない内容だからです。

 f:id:naoxinfo:20170325085552j:plain

@@@

 

さて、会派は解散しましたが、私の活動内容や考えが変わるわけではありません。会派名は原点の「大志会」になりました。実は一人会派になったからこそできることも色々あります。自分の与えられた条件の中で進んでまいります。

 

千里の道も一歩から

 

菅原直敏

 

追記:会派解散となりましたが、2年間他の団員のみなさんにはお世話になりました。この会派に所属していたお陰で、4年間一人会派であったならば得られない発言の機会を頂き、活躍の場を広げ、様々な政策提言を実現することができました。非常に風通しのよい会派だっただけに、解散は残念です。

 

改めて、他の団員、会派担当職員を含めた多くの皆様に感謝申し上げます。

第238回県政スクエア 〜赤嶺太一大和市議との共同開催〜

f:id:naoxinfo:20161219170256j:plain

写真:第236回県政スクエアの様子

 

「議員が普段何をやっているかわからない!?」この住民の皆さんの素朴な疑問にこたえるために、私が14年前に市議会議員に当選してから毎月続けているのが、「スクエア」という意見交換会または議会報告会です。今回は年度末ですので、平成28年度の一年間で行った議会活動の成果についてご報告をします。介護、障害者福祉、生活困窮者自立支援、交通取り締まり、行財政改革、議会改革の分野においていくつかの大きな成果も上がりましたので、それらを余すことなくお伝えします。

 また、今回は私が県政に活動の舞台を移した後、市議会議員としてスクエアを行なっている赤嶺太一大和市議会議員も参加します。赤嶺議員からは、県議との連携した議会提案や今年度の活動状況についてご報告頂きます。

 自由質疑や意見交換の場も十分にとりますので、是非ご参加ください。

 

【日時】3月26日(日)10時30分〜12時

【場所】桜丘学習センター103講習室

     住所:大和市福田一丁目30番1号

     (桜ヶ丘駅西口より徒歩5分程度)  

【テーマ】

今年度の議会活動全てお話しします!

【備 考】事前申し込み、参加料等はありませんのでお気軽にお越し下さい。