菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

第245〜247回県政スクエア〜テーマ:将来の介護へ準備すること

第245〜247回県政スクエア〜テーマ:将来の介護へ準備すること

f:id:naoxinfo:20180202075307j:plain

 「介護は準備が全て」です。早ければ早いほど、自分や家族が介護状態になったときの、精神的、肉体的、経済的負担は少なくなります。しかし、一体何をどう準備すれば良いのかはわかりません。今回は介護に関わる専門職の立場からも、将来の介護に向けて準備すべきことをお話しします。まだ、介護なんて遠い先の話と思っている人ほど来て頂けたら、この意味を実感できると思います。

 

●第245回県政スクエア

【日程】3月17日(土)、10時〜11時半

【場所】生涯学習センター606小会議室 

大和市大和南1-8-1(大和駅徒歩5分)

 

●第246回県政スクエア

【日程】3月18日(日)、10時半〜12時

【場所】林間野学習センター103和室 

大和市林間2-6-18(南林間駅徒歩10分)

 

●第247回県政スクエア

【日程】3月18日(日)、16時〜17時半

【場所】大和市渋谷学習センター306和室 

大和市福田2021-2(高座渋谷駅西口徒歩1分)

 

 

【備考】全てのスクエアで事前申し込み、参加料等はありませんのでお気軽にお越し下さい。

写真は以前のスクエアの様子。

神奈川県日泰友好議員連盟

バンサーン・ブンナーク駐日タイ王国特命全権大使をお招きして、神奈川県日泰友好議員連盟主催の大使閣下の講演会と意見交換会を開催しました。

 

f:id:naoxinfo:20180306124913j:plain

 

私も議連幹事長として司会を務めました。

 

タイと日本の友好の歴史やタイの経済や政治の現状がわかる素晴らしい会となりました。

 

 

f:id:naoxinfo:20180306124929j:plain

 

千里の道も一歩から

 

神奈川県議会

 

菅原直敏

神奈川県議会のICTが何故失敗したか

 

 

f:id:naoxinfo:20180303090219j:plain 

神奈川県議会は昨年より、議員全員に配布されたPCを一斉にタブレットPCに入れ替えました。これが多くの議員に不評で、端末の使いにくさも手伝って、大きな課題となっています。

 

実際、議場で電波が繋がらず紙の資料を持ち込まなければならなかった(現在多少改善)、タブレットPCになったため今までのような業務ができなくなったといった問題が顕在化しました。

 

これを改善するために、新しくPCを買う議員が現れたり、自分流のシステムを構築し直す議員がいる一方で、タブレット自体に触らない議員もいます。一部の議員かもしれないですが、以前よりも業務効率が落ちていることからも失敗というのが私の捉え方です。

 

このような問題が発生した理由は主に以下の3つであると私は考えます。

 

①デザイナーの不在

②ユーザーの不在

③費用対効果意識の不在

 

この問題は、神奈川県議会だけではなく、全国各地の議会や行政にも通ずる課題ですので共有も含めてご報告します。

 

  • 1.デザイナーの不在
  • 2.ユーザー不在
  • 3.費用対効果不在
  • 4.3月2日文教常任委員会での議論

 

続きを読む

働き方改革で増える県庁の仕事

f:id:naoxinfo:20180303085111j:plain

 

 

一昨年、安倍首相が表明した「働き方改革」は、良くも悪くもバズワード(流行語)化し、神奈川県における議論にも影響しています。

 

厚生労働省のHPには、「働き方改革」は、この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています、とあります。

 

「働き方改革」という言葉が出てきた背景には、日本人の働き方に大きな課題があり、今まで私たちの生活に大きな悪影響を及ぼしてきたという反省の念があると思います。従って、日本人の働き方に問題があることを明示した点で「働き方改革」という言葉には大きな意義があったと捉えています。

 

しかし、実態は残念なこともあり、神奈川県においては「働き方改革」のために、逆に仕事が増えるという負の連鎖に陥っている部分もあります。私も一年間、所属する文教常任委員会において議論されている教員の働き方改革の経緯でもそれを痛感しました。

 

「働き方改革」が行政の仕事を増やす理由は大きく分けて以下の3つがあると考えます。

 

 

①「働き方改革」の目的化

②データに基づかない感情論

③現場を無視した手法

 

  • 1.「働き方改革」の目的化
  • 2.データに基づかない感情論
  • 3.現場を無視した手法

 

 

続きを読む

介護・福祉の施設・活動を巡る旅61・62件目~神奈川県の盲ろう教育〜平塚盲学校、平塚ろう学校

 

 

f:id:naoxinfo:20180216044659j:plain

まず、平塚盲学校を訪問し、校長を含む先生方とともに、意見交換をしながら、校内を視察しました。

 

次に、平塚ろう学校を訪問し、校長を含む先生方と意見交換をした後、校内を視察しました。

 

  • 1.平塚盲学校
  • 2.平塚ろう学校
  • 3.盲ろう教育施設を視察して感じた課題と展望

 

続きを読む

 介護・福祉の施設・活動を巡る旅60件目~子どもの自立を一体的に支援~神奈川県立子ども自立生活支援センター「きらり」

 

f:id:naoxinfo:20180215175656j:plain

 

神奈川県立子ども自立生活支援センターを訪問し、中田和之センター長、剣持道子センター長より同センターのご説明を受け、センター内を視察しました。

 

 

  • 1.子どもの自立を一体的に支援する複合施設
  • 2.センター設立の背景と機能と役割
  • 3.運用一年、センターの課題

 

続きを読む

介護・福祉の施設・活動を巡る旅59件目〜世の中の誰もやらないことをやる〜横浜訓盲学院

f:id:naoxinfo:20180215115937j:plain



JR京浜東北線山手駅より15分ほど歩いた小高い丘の上にある横浜訓盲学院(学校法人横浜訓盲学院)を訪問し、塙忠蔵理事長と中澤惠江学院長を始めとする学校職員の皆様から施設内のご案内を頂き、意見交換を行いました。

 

  • 1.日本の唯一の私立盲学校
  • 2.プラス3年が生徒のより自立的な未来を築く
  • 3.重複障害をもつ子供たちの相談窓口

 

続きを読む