菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

【ご報告】新しい会派になりました

5月23日の本会議が終了し、今年度の議会運営にかかる布陣が確定しました。議長は佐藤光議員、副議長は小野寺慎一郎議員に決まりました。 さて、今月中旬の新聞報道でもありましたが、5月の議会において、新しい会派「県政会」へ入団することになりました。 …

第239回県政スクエア〜今身近に起きている福祉・街作りイノベーション

2017年5月14日に、大和市渋谷学習センター多目的ホールにて開催した「第239回県政スクエア〜今身近に起きている福祉・街作りイノベーション」が終了しました。 私の基調講演である「全国の課題先進地域をまわってわかった、大和の福祉・まちづくりの可能性」…

日本の地方議会のあり方こそ、世界の例外〜憲法記念日だからこそ考えてみよう

過疎の村が議会を廃止しして、直接民主制を選択するという新聞記事を見ました。 論調は総じてネガティヴ。舞台は高知県大川村ですが、高齢化が進み、議員のなり手もおらず、議会の維持が難しくなったことが、直接民主制を選択する理由とのこと。 実は、地方…

講演会:今起きている、小さく身近な福祉・街作りイノベーション〜大和発☆福祉で街作り~小さな一歩からユニークな福祉まで〜第239回県政スクエア

今回は、菅原直敏の基調講演の他に、5組のプレゼンターによる取り組みが紹介されます。一般人がプレゼンに立つ新しい取り組みです。【導入】全国の課題先進地域を回ってわかった〜大和の福祉・街作りの可能性 4年前より、介護・福祉職として高齢者福祉の現…

寒の戻りと議会報告〜第238回県政スクエア 〜赤嶺太一大和市議との共同開催〜

寒の戻りでしょうか、冷たい雨が打ち付ける中、第238回県政スクエアを開催しました。 赤嶺太一大和市議会議員との共催です。 赤嶺議員も毎月スクエアを続けており、彼の通し番号は70数回とのこと。これは彼の初当選時の公約事項。こういう姿勢は評価さ…

【ご報告】会派を解散しました。

3月24日付の新聞各紙で報道されましたが、県進会神奈川県議会議員団は同日付を持って解散しました。所属議員5名は全員一人会派となりました。神奈川県政史上、会派の解散は何度もありましたが、その所属議員が全て一人会派となることは初めてのようです…

第238回県政スクエア 〜赤嶺太一大和市議との共同開催〜

写真:第236回県政スクエアの様子 「議員が普段何をやっているかわからない!?」この住民の皆さんの素朴な疑問にこたえるために、私が14年前に市議会議員に当選してから毎月続けているのが、「スクエア」という意見交換会または議会報告会です。今回は年…

介護・福祉の施設・活動を巡る旅50件目〜ヴェトナムに日本式幼児教育をスマイル幼稚園

ヴェトナム最大の商業都市ホーチミンにおいて、日本式の幼稚園を広げて行こうと奮闘している日本人がいる。そんな興味深いビジネス仲間の噂を聞き、スマイル幼稚園を訪れました。 責任者は大島多希也さん。まだ20代半ばの笑顔に初々しさが残る好青年です。大…

第3回共創会議〜第237回県政スクエア

第3回共創会議〜第237回県政スクエアを開催しました。防災と介護という観点から佐藤正紀大和市議会議員と赤嶺太一大和市議会議員からお話を頂き、参加者のみんなで地域で何ができるかについて考えました。 自由な雰囲気でワークショップ。 最後はそれぞ…

一般質問終了~いくつかの前向きな成果がありました。

一般質問が終了しました。 詳しい内容は後日要旨がまとまった時点でアップをします。 税収納業務について、生活困窮者自立支援の取り組みとして、自動車税について関係機関に繋ぐための案内を滞納者に向けて行うことになりました。 録画中継については、来週…

2月22日(水)、菅原直敏が一般質問で登壇します。

2月22日(水)、10時30分から、神奈川県議会本会議場にて、菅原直敏が一般質問を行います。 生中継は 神奈川県議会インターネット議会中継 からご覧頂けます(録画中継は実施後数日して閲覧可能)。 内容は以下についてです。 1 行財政運営について (1…

第237回県政スクエア~第3回共創会議~テーマ:福祉・防災・街づくり~一歩踏み出して考えよう

第237回県政スクエア~第3回共創会議~ テーマ:福祉・防災・街づくり~一歩踏み出して考えよう 今回は、7月と11月に開催した共創会議の第3回目です。共創会議とは、参加者それぞれが地域や社会に対して何ができるのかということを考え、小さくても…

議員報酬削減が何故「議会改革」なのか、都議の皆さんご説明を。

報酬削減等は議会改革か? 大人の事情? 神奈川県議会の現状 まとめ 報酬削減等は議会改革か? 2月15日の新聞各社の報道によると、「議会改革」の名の下に都議会の主要会派から報酬削減などの条例案の提案が行われているとのことでした。 基本的に都議会のこ…

おそらく神奈川県政史上初の取り組み~共生憲章の周知活動

「ともに生きる社会かながわ憲章」を周知するために、神奈川県議会として桜木町駅前において、憲章の内容が書いてあるビラを配布しました。 総勢39名の県議会議員が会派を超えて、周知活動に取り組む姿は大変なPR効果もあったのではないかと思います。 この…

議会改革:ペーパレス化の取り組み〜年間数十万枚の紙の削減の可能性

ようやく、本会議場にタブレットの持ち込みが可能になりました。来年度からは委員会室にも持ち込みが可能になる予定です。 これに合わせて、議案などもPDFファイルで配信されるようになりました。2010年、「神奈川県議会議会改革50の提案」の中で、県議会…

介護・福祉の施設・活動を巡る旅48件目〜刑務所における福祉的支援〜播磨社会復帰促進センター

播磨社会復帰促進センターを訪れ、同センター長他から施設の概要を伺い、施設内を案内して頂きました。 写真:センター長と一緒に施設入り口前にて。 1.刑務所の今~豊富な職業訓練プログラム 2.PFIの是非 3.刑務所における福祉職の役割の重要性

【英断】津久井やまゆり園建て替え方針の延期〜夏までに多様な声を伺い検討

今日、私が新庁舎7階の控え室で職務に追われている中、5階では知事も参加して施設の建て替えを検討する会議が開催されていました。 そして、さまざまな意見を反映させるためには一定の時間が必要だとして、県は今年度中としていた基本構想の取りまとめの期…

ともに生きるワーキンググループ第1回会議

「ともに生きる社会かながわ憲章」を、神奈川県議会としてどのように運用して行くかということについて議論する「ともに生きるワーキンググループ」の第1回会議に会派を代表して参加。 座長の敷田議員をはじめ、メンバーの皆さんから様々なご意見が出てきま…

2017年が始まりました。

皆さんはどんな年末年始をお過ごしでしょうか?私は昨年祖父と叔母を亡くしたため、喪中です。 30日に仕事を納め、3日までは家族や友人たちとゆっくりと過ごしている予定です。 2016年は私にとって、議員としては様々な取り組みが形になった年、福祉…

障害者福祉~施設から地域への取り組みに挑戦すべきです。

平成28年12月20日の私の所属する会派の討論において、飯田満議員が討論を行いました。 写真:本会議場の様子 津久井やまゆり園の再生の部分は私が原稿を担当しました。 大規模かつ津久井ありきの建替えのあり方に、私は9月の議会以来疑義を呈しています。 以…

オスプレイの運用再開には反対します。~不時着ではなく墜落です。

写真:討論を行う飯田満県議 平成28年12月20日の私の所属する会派の討論において、飯田満議員が討論を行いました。 オスプレイの墜落事故の部分は私が原稿を担当し、オスプレイの運用再開に反対の立場を明確にしました。 また、今回の事故は不時着ではなく墜…

地域に根ざした障害児の支援と挑戦〜第236回県政スクエア

第236回県政スクエアを開催しました。 今回は、NPO法人ラウレアの副理事長、遊びリパークリノアの責任者でもある、作業療法士の大郷和成さんをゲストスピーカーにお迎えし、「地域に根ざした障害児の支援と挑戦」について、お話をして頂きました。 「地域福…

第236回県政スクエア〜障害をもつ子供の居場所づくり~障害があっても多様な将来選択を〜

写真提供:遊びパークリノア 5月、藤沢市にある放課後等デイサービス「遊びパークリノア」を視察しました。障害をもつ子供の居場所づくりについて、様々な実践をしている施設です。 私が感じたリノアの特徴は主に3つ。まずは、作業療法士や看護師等の専門職…

自治体による家計相談支援の取り組み

第3回生活困窮者自立支援全国研究交流大会「広範なプレーヤーと共に−制度の見直し充実に向けて!」に参加してきました。開催地は慶應義塾大学日吉キャンパス。 私は、分科会8「自立支援のための家計相談支援活用術−目指す必須事業!」に参加しました。 「…

介護・福祉の施設・活動を巡る旅43件目〜商店街がデイサービスを運営!?~発寒北商店街振興組合

1.商店街が介護施設を経営 2.商店街の衰退と住民ニーズの調査~40年後のヴィジョンを掲げて 3.リスクをとったソーシャルワーク 発寒北商店街振興組合が管理・運営するにこぴあを訪れ、土屋日出男理事長を始めとする職員の皆さんから同振興組合の取り組…

介護・福祉の施設・活動を巡る旅42件目〜市民後見と社協のありよう~釧路市権利擁護成年後見センター

1.多岐にわたる市民後見人養成活動 2.制度を支えるのは人 3.小さい町ほど社協が地域資源 釧路市権利擁護成年後見センターを訪問し、千田剛三釧路市社会福祉協議会常務理事、小野信一 釧路市社会福祉協議会事務局長、釧路市職員他3名から、市民後見な…

共創会議(第235回県政スクエア)〜共生社会に向けて一歩踏み出そう

共創会議(第235回県政スクエア) テーマ:共生社会に向けて一歩踏み出そう ※写真は前回の共創会議の様子 【日 時】11月6日(日)、10時〜12時 【場 所】大和市生涯学習センター601会議室(新しい生涯学習センターです) 住所:大和市大和南一丁目8番…

介護・福祉の施設・活動を巡る旅40・41件目〜ボランティアセンターと市民活動センターの違いって何?〜やまとボランティアセンター、やまと市民活動センター

大和市社会福祉協議会の運営するやまとボランティアセンターと大和市と協働事業を進める大和市民活動センターを視察してきました。それぞれ、大和市社会福祉協議会佐川ボランティア振興課長と拠点やまと石川会長に概要のご説明を頂きました。 今回、この2つ…

ともに生きる社会かながわ憲章~この悲しみを力に、ともに生きる社会を実現します~

本日の神奈川県議会・本会議において「ともに生きる社会かながわ憲章」が前回一致で可決されました。 平成28年7月26日、19人が死亡し、27人が負傷した県立津久井やまゆり園の惨事以来、何度も臨時で厚生常任委員会が開催されてきました。 また、9月8日に開催…

神奈川県、障害者福祉にかかる計画の抜本的見直し〜代表質問の解説

9月14日に行われた菅原直敏の代表質問の解説です。今回は2項目目の「福祉について」の中の、「共生条例について」解説します。 これは、本年3月の予算委員会にも取り上げ、私がずっと追いかけてきたテーマです。 今回は、津久井やまゆり園の事件を受け、共…

医療・福祉系の複数資格を取りやすくするメリット〜代表質問の解説

9月14日に行われた菅原直敏の代表質問の解説です。今回は2項目目の「福祉について」の中の、「医療・福祉職の人材養成について」解説します。 今回の質問の趣旨は、ある医療・福祉系の国家資格の保有者が他の国家資格を取りやすくしましょう」ということと…

フードバンクとは??〜代表質問解説③

9月14日に行われた菅原直敏の代表質問の解説です。今回は2項目目の「福祉について」の中の、「フードバンクについて」解説します。 この質問のポイントは、近年各地で始まっているフードバンクについて県がどのように捉えて、関わっていこうと考えているの…

特別養護老人ホームはもういらない!?〜代表質問の解説

9月14日に行われた菅原直敏の代表質問の解説です。今回は2項目目の「福祉について」の中の、「特別養護老人ホームの整備について」解説します。 この質問のポイントは、「特養の新設整備には慎重であるべき」という点と「有料老人ホーム、サイービス付き高…

議員視察費が半額に→でも、経費削減する方が面倒な件

6月の議会で同僚議員の皆さんにご議決を頂き、8月上旬に「県政調査」に会派でいってきました。 政務活動費で行く議員個人の視察と違って、県政調査は議会からの派遣の扱いになるので、出張費の扱いは県の出張の手続きに則って行われます。 今回の行程は ・…

神奈川県職員の出張費は約9,000万円→パック旅行利用のススメ

本日の県政会の池田東一郎議員の「職員出張におけるパック旅行商品の活用について」の質疑のやりとりが興味深かったです。 趣旨としては、県職員の出張費を削減するためにパック旅行商品の活用を推進し、浮いた経費を政策にもちいなさいということです。正論…

打倒「いばキラTV」~代表質問の解説

9月14日に行われた菅原直敏の代表質問の解説です。まずは1項目目の「災害対策について」です。 特に「災害時を想定した平常時のインターネット広報の在り方について」行った質疑について解説します。その他の項目については質問要旨をご覧ください。 1.質…

代表質問とセーリング@江ノ島

代表質問 本日代表質問を行いました。 内容は以下です。 1 災害対策について (1) 災害時を想定した平常時のインターネット広報の在り方について (2) 災害時における福祉避難所の協定の有用性について (3) 災害時に活用できるWiFiの整備について (4) 災…

県議会、紙多すぎ→ようやくペーパレス化に本腰

本会議前に、タブレットPCの勉強会が会派を対象にありました。 今まで議員に配布されていたノートパソコンから、全ての写真のタイプのタブレットPCに移行します。 端末がWindowsベースのsurfaecであることの是非は別にしてようやくここまでたどり着いたかと…

質問通告終了

14日の代表質問の質問通告が終了しました。 前回のブログでもご紹介した通りです。 www.nao.social 本日の代表質問は以下でした。 しきだ 博昭 議員(自民党)<分割質問> 発言の要旨答弁を求める者 1 県政課題に対する知事の基本姿勢について (1) 県…

第234回県政スクエア~テーマ:「認知症カフェについて」~開催

(写真:第233回県政スクエア) 認知症カフェは、厚生労働省が「認知症施策推進5カ年計画」の中に位置付け、介護者や認知症者を地域で支え合う仕組みとして全国的に展開されています。私は平成26年9月から認知症カフェの企画・運営に介護職の有志ボランティア…

代表質問〜防災と福祉

9月14日(水)、13時より、県進会神奈川県議会議員団を代表して、質疑に立ちます。以下が私が現在検討している質疑項目です。 1.災害対策について ①災害時を想定した平常時のインターネット広報の在り方について ②災害時における福祉避難所の協定の有用…

神奈川県議会第3回定例会開会

本日は知事より提案説明がありました。 私は来週の代表質問の調整なども行いました。 千里の道も一歩から

介護・福祉の施設・活動を巡る旅37件目〜ゴールドサポーター?!〜綾部市社会福祉協議会

1.担い手育成の仕組化 2.認知症のみに特化しない地域福祉の担い手育成 3.学びから実践へ 京都府綾部市役所を訪問し、綾部市における担い手育成の取り組みについて、綾部市社会福祉協議会事務局長、綾部市高齢者介護課長等から説明を受けました。 綾部…

介護・福祉の施設・活動を巡る旅36件目〜この子らを世の光に(糸賀一雄)?滋賀県立近江学園

滋賀県立近江学園を訪問し、植田重一郎園長より、施設の沿革と概要の説明を受けた後、施設内を視察しました。 近江学園は昭和21年11月に当時滋賀県職員であった糸賀一雄先生らを中心として設立された知的障害児及び孤児収容施設です。昭和23年4月、児童福祉…

第233回県政スクエア~テーマ:フードバンクについて

第233回県政スクエア~テーマ:フードバンクについて フードバンクとは、まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品を個人や企業から引き取り、生活困窮者や福祉施設等に配給する活動です。米国で1970年前後に始まり、日本では2002年にNPO団体に…

介護・福祉の施設・活動を巡る旅35件目〜災害時における介護施設の役割?特別養護老人ホームひろやす荘

熊本県益城町で特別養護老人ホーム等、介護事業を総合的に運営するひろやす荘(社会福祉法人慈光会)を訪問し、理事長と施設長から、震災時の介護現場の現状等についてお話を伺った。 益城町自体は被災の爪痕がひどかったが、数年前に立て直されたゆろやす荘は…

この子らに光を@神奈川

第49回肢体不自由児者父母の会連合会全国大会に県進会神奈川県議会議員団を代表して参加。 テーマは、住み慣れた地域で、共生社会の実現〜使えるサービスの実現、充実を目指して〜 千里の道も一歩から

脳脊髄液減少症

渋谷にてSocial Change Agency主催の「Social Action Drinks」に参加 脳脊髄液減少症と診断され、今春、同病者の問い合わせを元にした情報共有サービス「feese.jp」を立ち上げられた重光喬之のお話を伺う。 難病についての理解の引き出しが一つ増えました。 …

脱・テレビ的発想で、ネット動画「日本一」〜いばキラTV

茨城県庁を訪問し、「いばキラTV」と「議会改革」について調査を行いました。いばキラTVについては茨城県知事公室広報広聴課広報戦略室長他から、議会改革については政務調査課長他からお話をお伺いしました。 1.いばキラTVについて ①47都道府県で最も発信…

団体ヒアリング2日目

今日も様々な団体と意見交換を行いました。 非常に勉強になりました。 ヒアリングは終わりましたが、今から少し作業をします。 主な意見交換団体は以下。 NPO法人腎友会 神奈川県作業療法士会 NPO法人 神奈川県障害者地域作業所連絡協議会 神奈川県商工会連…