菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

関東の富士見100景

「関東の富士見100景」という国土交通省関東地方整備局の事業があります。関東地方整備局のHPによると、「関東の富士見百景」は、富士山への良好な眺望を得られる地点を選定し、周辺の景観の保全や活用への支援を通じて、美しい地域づくりの推進を目的としているとのことです。 先日調査で訪れた県立大野山乳牛育成牧場の山頂で、同100景の案内が設置されており、そのような事業があることを知りました。
20091015fujimi100kei.jpg
上は案内板の写真ですが、案内板が「社団法人関東建設弘済会」より寄贈されています。当初は、案内板を民間から寄贈させることで、民間団体は宣伝を行い、関東地方整備局は案内板設置に係る経費(税金)を浮かせることができる有益な取り組みであると感じました(100景の事業自体の是非は触れないという前提)。 しかし、後日寄贈元の社団法人を調べてみると、国交省の外郭団体(天下り先)であることが判明しました。国交省補助金或いは事業を主体に運営されている団体から、国交省が寄贈を受けるということが、本来の意味での寄贈と言えるかは疑問です。 国の外郭団体は何千と存在します。外郭団体の抱える国民に必要のない事業や天下りを見直すためには、国会議員が総出でチェックをしていかないと成し遂げられない程根が深いと感じました。