菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

仕事をしたふり

仕事をしない議員も多いですが、仕事をしたふりをする議員も少なくあ

りません。元岩国市長である井原勝介氏のブログに興味深い内容があった

ので転載します(許可取得済み)。なお、井原氏とは一緒にお酒も飲んだこ

ともありますが、官僚出身でありながら偉ぶらず大変気さくな方です。ま

た、実直に信念を貫く方でもあります。

井原氏のブログ http://ihara-k.cocolog-nifty.com/blog/

@@@転載部分@@@

候補所のチラシ

選挙候補者のチラシに次のようなものがよく見られる。

チラシの内容⇒ http://ihara-k.cocolog-nifty.com/blog/files/img040.pdf

 道路工事、街灯の設置、歩道の整備、○○会館の建築・・・などの写真

を一面に掲載し、あたかもすべて自分がやったかのように宣伝する。

 こんなチラシが効果があるのだろうか。市民の皆さんはどのように思わ

れるのだろうか。

 私は、講演や草莽塾などの際には、次のように言うのが常である。

候補者は、情報公開や福祉の充実、子育て支援などみんないいことばか

り言うので、誰を選んでいいかわからない場合が多いが、一つ確実に言え

ることは、あれをやった、これを作ったと写真を並べて宣伝するような人

は選ばない方がいい。」

 議員一人の力で何でもできるものではなく、こうした話が眉つばもので

あることはおわかりであろう。

 こうした議員にとっては、地域や支援者への利益誘導が主な仕事であり、

そのためには行政の職員に圧力をかけ、怒鳴りつけることも平気である。

一方で、重要な政策課題にはまったく無頓着、安易に反対し、市民全体に

不利益をもたらすことも。

 知人や上司に頼まれたから、同じ地域に住んでいるからといった理由で

はなく、我々一人ひとりが、候補者の理念と政策をしっかり見極めて、自

らの意思で自由に投票する必要がある。

(中略)

 選挙から変えていかなければ、政治は決して変わらない。こうした市民

の新しい試みが、少しでも効果を発揮することを期待したい。