菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

議員視察費が半額に→でも、経費削減する方が面倒な件

6月の議会で同僚議員の皆さんにご議決を頂き、8月上旬に「県政調査」に会派でいってきました。

 

政務活動費で行く議員個人の視察と違って、県政調査は議会からの派遣の扱いになるので、出張費の扱いは県の出張の手続きに則って行われます。

 

今回の行程は

・羽田から空路で大分県(別府市内泊)

・大分県から陸路(借り上げ車)で熊本県(熊本市内泊)

・熊本から陸路(新幹線)で鹿児島県

・鹿児島県から空路で羽田

という行程でした。

 

会派の皆さんから頂いた調査先を合わせ、政調会長として旅程を組み、当然のことながら激安のパック旅行を用いて出た費用が、5人で約35万円でした。

 

一方で、議会局が正規の料金で見積もってきた額が約70万円でした。

f:id:naoxinfo:20160916190128j:plain

f:id:naoxinfo:20160916190126j:plain

 

飛行機のクラスもホテルのランクも変わりませんが、全て正規料金で組むと2倍になるのです。

 

 

もちろん、条例の手続き上は正規料金で行くことの何の問題もありません。しかし、私は以下の理由で、パック旅行を使うことが多いです。

 

・単純に税金を節約できる(し、自分が旅行に行くときに正規料金で行くことはほとんどない)

・パック旅行も柔軟に行程に対応できる上に手続きも楽

・必要がある場合は、次の調査にも費用が使える

 

ただ、ここからが面倒なのですが、パック旅行の場合は、個別に宿泊代、飛行機代などを算出し直さなければならず、非常に面倒な手続きが待ってます。

 

パック旅行は安くて手続きが楽だから便利なのに、この点は改善していきたいですね。

 

千里の道も一歩から

 

前の記事:神奈川県職員の出張費は約9,000万円→パック旅行利用のススメ