菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

介護・福祉の施設・活動を巡る旅50件目〜ヴェトナムに日本式幼児教育をスマイル幼稚園

 ヴェトナム最大の商業都市ホーチミンにおいて、日本式の幼稚園を広げて行こうと奮闘している日本人がいる。そんな興味深いビジネス仲間の噂を聞き、スマイル幼稚園を訪れました。

 

 責任者は大島多希也さん。まだ20代半ばの笑顔に初々しさが残る好青年です。大島さんから、同園の概要を伺い、園内を見学させて頂きました。

 

f:id:naoxinfo:20170311114042j:plain

 

 

 

1.スマイル幼稚園とは?

 

 ヴェトナムの児童教育には、安全面、自立面、規律面の3つの課題

があると大島さんは言います。まずは、子どもへの暴力、不衛生で栄養バランスの悪い食事等、安全・衛生面の課題です。次に、愛するが故になんでも助けてあげてしまい、結果、一方的な指示になったり、世話をしてしまうことになる等、子どものチャレンジ機会を奪う自立面の課題です。最後は、公共の場にて大声で騒いだり、道路にゴミを捨てる等、マナーの欠如です。

 

 

 

 これらの課題を日本式教育方法によって解決して行こうというのが基本的な同園の創立の志です。なお、日本式教育とは、次に掲げる「4S」を大切にする教育と同園は定義しています。

 

・Smile(笑顔)

・Safety(安全・安心)

・Self reliance(自立)

・Splendid manner(規律)

 

f:id:naoxinfo:20170311114954j:plain

写真:園内には 日本的なペイントも多数壁に描かれていました。

2.ヴェトナムの幼児教育事情

 

 同園では、1歳児から6歳までの子供たちを受け入れています。ヴェトナムでは日本のように幼稚園と保育園の区分けはないそうです。同園では現地採用の先生だけでなく、日本式教育を伝えるために、日本の幼稚園教諭や保育士の資格を持つ日本人の先生も常駐しています。

 

 同園の運営は「Vietnam Smile Company Limited」になります。ヴェトナムでは、日本の学校法人のようなものがないそうで、公が運営する以外は、株式会社などが幼稚園の運営にあたります。なお、幼稚園にはインターナショナル(国際)とローカル(国内)の分類があります。また、ローカルの中には公立と私立の分類があり、同園はローカルの私立幼稚園の登記を行なっています。したがって、園児の多くは現地の子供であり、加えて日本人を含む諸外国のハーフの子供などがいます。

 

 同園の学費は諸経費も入れて月700万ドン弱。2017年3月8日現在のレートで約3.5万円です。公営の幼稚園の月謝が100万ドン(約5千円)程度からとのことなので、比較的高い方になるそうです。したがって、通われる園児の家族はミドルアッパーからアッパー層が多いとのことでした。ヴェトナムの私立幼稚園は公費が全く投じられないため、独立採算を行っていく経営のセンスも必要であると感じました。

 

 

3.そこには日本があった

 

f:id:naoxinfo:20170311114327j:plain写真:園児に紙芝居を見せる先生(出典:スマイル幼稚園HPより)

 

 同園がある3階建ての建物には、1階がプレイングルーム、2・3階にはそれぞれ教室、そして3階のオープンスペースにもプレイングルームがあります。各教室をのぞいてみると、なんとなく日本で見たことがある風景が広がります。

 

 クラスは年齢別に4クラス。開園3年目なので、初めて今年卒園生が出るそうです。卒園予定の男の子は同世代の子供より頭一つ大きい元気な子でした。みんな人懐っこいのが印象的でした。

 

 一方で、日本人の先生がヴェトナム人の先生を指導している場面にも遭遇しました。ヴェトナム人の先生は教育技術面においてまだまだ不完全な部分も多く、その文化や性格を尊重しながら、日本式の教育方法のやり方を伝えているそうです。

 

 また、ヴェトナム人は元来、仕事よりも家族に重きを置くそうで、より良い仕事や職場定着率の向上のためには、日本人と異なったアプローチをする点でご苦労もあるとのことでした。日本ではあまり行われなくなった社員旅行や定期的な飲み会、さらには国際女性デーといったイベントなど、多少密な人間関係がポイントのことでした。これはこの期間に訪れた日系企業も全て同様のことを言っていました。

 

 さらに、当日は日本からインターンで来ている大学生の女性にもお会いしました。何十人ものインターンが同園を訪れて来たとのこと。国外で就労する経験は、多様な社会を理解する上でも素晴らしいことだと思います。

 

 以上、スマイル幼稚園の見学を通じて、私が持った印象などを3点にまとめてみました。

 

 スマイル幼稚園宜しく、素敵な笑顔で対応してくださった大島さん始めスタッフのみなさんからは大きなエネルギーを頂きました。大島さんの当面の目標は、この日本式教育をヴェトナムにもっと広げていくことだそうです。ヴェトナムという新天地で様々なご苦労があると思いますが、夢を持って海外で挑戦していく若者がいるということに大きな希望を感じました。

 

f:id:naoxinfo:20170311114232j:plain

 

 日本人の知見を世界の社会課題解決に向けて生かしていく。日本人だからこそできる社会貢献の一角を見たような気がします。ご対応頂いたみなさんありがとうございました!

 

スマイル幼稚園HP: 

http://www.mamnonmimcuoi.com

 

大 和市内訪問施設・活動:15件

神奈川県内訪問施設・活動:14件

神奈川県外訪問施設・活動:19件

日本国外の訪問施設・活動:1件

 

千里の道も一歩から

菅原直敏