菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

講演会:今起きている、小さく身近な福祉・街作りイノベーション〜大和発☆福祉で街作り~小さな一歩からユニークな福祉まで〜第239回県政スクエア

f:id:naoxinfo:20170417073936j:plain

 

今回は、菅原直敏の基調講演の他に、5組のプレゼンターによる取り組みが紹介されます。一般人がプレゼンに立つ新しい取り組みです。

【導入】
全国の課題先進地域を回ってわかった〜大和の福祉・街作りの可能性

 4年前より、介護・福祉職として高齢者福祉の現場で働き始め、専門性を高めながら、全国の課題先進地域を調査・研究してきました。世界で最も高齢化率が高い群馬県南牧村、財政が破綻しインフラ整備も満足にできない夕張市、多様性と排他性がぶつかり合うニューヨーク市など回った地域は100以上に上ります。何百人という人と意見を交わしてきました。
 特に国内の課題先進地域の事例は、遅かれ早かれ大和市でも課題になる時期がやってきます。この際、課題を解決するのは綺麗に整備されたインフラではなく、行政からの補助金でもなく、前向きに行動する人々を中心とした営みです。
 今回は基調講演にて私から全国で興味深い福祉・街づくりにかかる事例を紹介させて頂きます。その後、大和やその周辺の地域で小さな一歩を踏み出して、課題解決に取り組んでいる一般の住民の方々を中心としたプレゼンテーションをご覧頂きます。
 おそらく、参加者された方々が触発される活動であり、小さくても良いので地域や社会へ一歩を踏み出すことの意義を感じて頂けると思います。

●基調講演:課題先進地域を回ってわかった、神奈川県・大和市の福祉の可能性
講演者:菅原直敏

1978年生(39歳)。神奈川県議会議員(無所属・3期目)。介護施設を運営する法人で法人本部長として現場に関わる。社会福祉士・保育士等の福祉にかかる専門国家資格を有し、ソーシャルワーカーとして世界各地で社会課題解決への活動を始めている。上智大学大学院総合人間科学研究科社会福祉学専攻にて、持続可能な介護保険制度に向けた研究も行なっている。

●プレゼン1:「突撃ルポ。大和市の外国人コミュニティに潜入!」
大和市は昔から在日系のコミュニティがあり、その後難民や労働者として東南アジア系や南米系の外国人のコミュニティが発達してきた国際的な地域です。しかし、彼らと直に深く関わる機会がある人は少ないのではないでしょうか?普段外国人と接することが少ない鈴木さんと正木さんが大和の外国人コミュニティの歴史を調べ、実際の現場に飛び込み交流したルポをプレゼンテーションします。発表者:鈴木忠之さん、正木徹さん

●プレゼン2:「飽食でも飢える時代〜フードバンクってなんだ!?」
フードバンクとは、お店や家庭で余った食べ物を生活困窮者や施設に届ける活動です。昨年、神奈川県知事が支援のプラットフォームを作ることを決めたことで話題になりましたが、大和市ではお隣の座間市を拠点とするNPO法人ワンエイドさんが活動しています。今回は勉強会でフードバンクに興味を持った染矢さんが、当初は行政にも理解されず門前払いをされていたその活動が裾野を広げるまでの過程を追い、実際に活動に関わった所感をプレゼンテーションします。発表者:染矢由美子(サポーター:NPO法人ワンエイド)

●プレゼン3:「湘南発の障害者を中心としたユニットができるまで」
 知的障害者就労支援施設に通う障害を持った方々を中心に構成される、湘南・藤沢発のユニット「Music of Mind(ミュージックオブマインド)」。彼らの活動の軌跡を錦谷さんがプレゼンテーションします。お隣の藤沢市で展開される素敵な音楽とともにお楽しみ下さい。発表者:錦谷陽子さん(Music of Mind)

●プレゼン4:「数字で考える大和の福祉」
 2015年の統一地方選挙で2期目を迎えた赤嶺太一・佐藤正紀両大和市議ですが、彼らは政治とは全く無縁の会社員でした。好きな大和の為に活動する彼らが、議員活動を続ける中でわかった大和の福祉の課題や可能性についてわかりやすくプレゼンテーションします。発表者:赤嶺太一大和市議、佐藤正紀大和市議

●プレゼン5:「脳梗塞に負けず働きたい!〜要支援が介護ボランティア」
 2年前に脳梗塞を発症し、半身不随になった伊藤さん。1年間の血の滲むようなリハビリの成果で要介護2から要支援2まで介護度が下がりました。この際に彼が選んだ道は、要支援者を対象とした介護保険サービスを使うのではなく、ボランティアとして介護施設で働きながら、さらなる機能訓練向上を目指すこと。テレビや雑誌等のメディアでも取り上げられている伊藤さんの革命的な取り組みを、自らプレゼンテーションします。発表者:伊藤文治さん



【会名】講演会:今起きている、小さく身近な福祉・街作りイノベーション〜大和発☆福祉で街作り~小さな一歩からユニークな福祉まで〜第239回県政スクエア
【日時】5月14日(日)/ 14〜16時(開場13時:活動紹介ブースや演奏があります)
【場所】大和市渋谷学習センター多目的ホール(高座渋谷駅西口徒歩0分)
【備考】参加費なし。
【定員】200名(先着順)
【問い合わせ】メール:naoxinfo@nao.tv/電話:046-259-6240/大和市福田1974-10-302
【主催】菅原直敏政務活動事務所

【当日プログラム】
13時00分 開場
・13時から会場入り口で、ボランティアで関わって下さっている方々の活動を紹介しています。
・13時半より、会場内でMusic of Mindの演奏があります。
14時00分 開会
14時05分 基調講演 菅原直敏:「課題先進地域を回ってわかった、大和の福祉の可能性」
(休憩)
14時40分 みんなのプレゼンテーション
①「突撃ルポ。大和の外国人コミュニティに潜入!!」/②「飽食でも飢える時代〜フードバンクってなんだ?」/③「障害者を中心とした湘南発バンド」/④「数字で考える大和の福祉」/⑤「脳梗塞に負けず、働きたい!」(各発表者12分程度)
16時50分 専門家による講評(平岡祐二(独立型社会福祉事務所代表)、長渕晃二(日本卓球療法協会理事長)、石井直樹(介護事業所代表))
16時10分 フィナーレ(Music of Mindの歌とともに)/16時15分 終了

 

昨年の様子はこちら