菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

悩ましい課題

政務調査会議、リーダー会議、総務政策PT政務調査会議等、会議が目白押しでした。

また、補正予算にかかる勉強会を行いました。

子育て支援の神奈川方式と子育て手当ての負担の問題は考えさせられます。

本県は昨年度の予算案において、子供手当ての負担を拒否する替わりに、「子育て支援 神奈川方式」を採用することを決定しました。このように本県の子育て支援子供手当てはトレードオフの関係にあり、本来では両方が並び立つことはありません。

しかし、新知事になり、つなぎ法案になったという理由で、負担を受け入れるとの方針を明らかにしました。新しい事態になったとのことですが、つなぎ法案の成立は子供手当てを拒否するという本県の姿勢には関係なく、この姿勢を踏襲するのであれば、受け入れは新たな財政負担を生じさせることになり許されません。

知事は国の姿勢には断固として対応すると言いながら、実質的な政策転換を図ったことになります。この予期しなかった65億円の財政負担は一体誰がするのでしょうか。

県の市及び町村会からは、緊急要望と形で、神奈川方式を指示しながら、一方でつなぎ法案のへの本県の対応を指示するとあります。そもそも、現場の混乱どうこうの話は3月に拒否を決定した段階でわかっていた事柄であり、つなぎ法案を理由に負担を許容する姿勢は問題です。

確かにもらえるものをもらえるのは受けてとしてはうれしいことかもしれませんが、財政負担の問題は真剣に考えなければなりません。