菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

介護・福祉の施設・活動を巡る旅26件目〜都心のど真ん中の特養〜千代田区立一番町特別養護老人ホーム(社会福祉法人東京栄和会)

今日は都心のど真ん中、千代田区にあるいきいきプラザ一番町を訪問し、千代田区立一番町特別養護老人ホーム(社会福祉法人東京栄和会)や「いきいきはあとカフェ」の取り組みを視察しました。

なお、同特養は東京23区において、最後まで特養が作られなかった千代田区において初めてできた特養です。千代田区内には3つの特養があります。

また、いきいきプラザ一番町は特養、デイサービス、高齢者住宅、居宅支援事業所といった高齢者施設だけでなくプール、交流スペースも入る複合施設です。国鉄総裁の公邸跡地に建てられたそうです。

20160506ikiiki2.jpg

1.いきいきはあとカフェ

いきいきはあとカフェは、今年から千代田区社会福祉協議会主催で開催されている認知症(予防)カフェです。場所はいきいきプラザ一番町1階フロアです。

今回で3回目の開催となりますが、月2回金曜日の13〜15時に開催されています。内容としては、講師による講座があり、そのあとに参加者同士の交流があります。

今回は東京都健康長寿医療センター研究所の杉山美香先生による認知症の講座がありました。

参加者については初回は告知に力を入れたこともあり40名程度でしたが、ここ数回は20人前後だそうです。今回も20名でした。参加者のほとんどが高齢者の方でした。

運営費用は区からの補助金です。

終了後、講師や主催者の方々との反省会にも参加させて頂きました。ボランティアの方々の関わりが課題であると感じました。

2.特別養護老人ホーム

20160506ikiiki3.jpg

ここは千代田区立の特養ですが、指定管理者として社会福祉法人東京栄和会が運営しています。

22年前の設置ということで、多床室が中心の古いタイプの特養とのことでした。個室がよいか多床室が良いかは片方に定まることではないですが、デイサービスも通常のもの(35名定員)と認知症型(12名定員)が併設されており、オーソドックスな形でした。

レトロな理容スペースがあったり、歯科診療室が設置されている点は興味深かったです。

3.職員募集〜都心ならではの課題

介護施設のメリットは、職の地産地消が行われることで地域経済に多少なりとも寄与することです。

しかし、千代田区一番町という土地柄、働いている職員のほとんどは千代田区外からの通勤者です。

千代田区にあるからといって、特別な待遇があるわけでもなく、職員の確保にはご苦労されているとのことでした。

近隣には億ションが立ち並ぶ地域、私の住む大和のような郊外地域にはない課題があることを学びました。

対応してくださった、飛田課長始め職員の皆様、ありがとうございました!

千里の道も一歩から

大 和市内訪問施設・活動:10件

神奈川県内訪問施設・活動:9件

神奈川県外訪問施設・活動:7件

いきいきプラザ一番町のHP http://www.ikiikiplaza-eiwa.jp