菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。

政治家の年賀状

そろそろ年賀状を書こうと思っています。なんと遅いと思われるかもしれませんが、以下のような理由があります。

@@@

兵庫県三田市長が有権者に印刷した年賀状を郵送していたと報道されました。

一見するとなんでもないことですが、公職選挙法は「答礼のための自筆によるもの」を除いて、首長や議員らが選挙区内に年賀状などのあいさつ状を出すことを禁じています。

私を例に挙げますと、私が選挙区内(大和市)の方々から受け取った年賀状に対して、自筆で書いた答礼のみが許されることになります。

その趣旨は、政治家が選挙目的で年賀状を選挙区内の人にばら撒くのを防ぐ為だそうです。過去にそのような事例もあったとか。

ただ、その趣旨の是非はともかくとして、公職選挙法の困る点は解釈によっていかようにでも取れるという点です。例えば、印刷した写真又はイラスト入り年賀状などに一言自筆で添えるだけでは大丈夫か?など悩み出したらきりがありません。

また、有権者の公選法に対する理解がほとんどないため、怠慢ととられかねない年賀状の送付を敢えて行う政治家も少なくありません。実際三田市長のようなことを一般のお付き合いの範囲内でやられている政治家は少なくないと思います。

かつて新年会や忘年会でお祝いをもっていかなかったことで、常識がないと言われたことがありました(会費が設定されている場合はその額を持っていきます)。公選法ではお祝いを持っていくこと自体を禁じているのですが、敢えて破る議員は少なくありません。

もう少し公選法の内容の周知の徹底を図るか、あるいは実態にそぐわない条文は改廃していくべきなのではと感じている議員は私だけではないのではないでしょうか。