菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜千里の道も一歩から〜

菅原直敏(神奈川県議会議員)議会報告ブログ〜共生の共創・自分らしく生きる〜

神奈川県議会議員菅原直敏の議会報告のブログです。神奈川県大和市選出。無所属。社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士。

第258〜260回スクエア〜認知症・終の住処はどこに〜

人生100年時代を生きる ~認知症・終の住処はどこに~ 現在、日本にいる「認知症」の患者の数は500万人強と推計されており、2025年には700万人になるという推計も存在します。高齢になる程、認知症の発症率はあがるので、認知症はまさに人生100年時代の産…

【公約検証2019年】提案3:議案書等のホームページ上への公開〜「神奈川県議会 議会改革50の提案」

提案3:議案書等のホームページ上への公開 【内容】 公約:議案書等(報告資料、議会・委員会審議に関わる資料を含む)を県議会のホームページ上に公開します。 ↓↓↓ 現在:平成26年第1回定例会より、提案された議案が県議会のホームページ上でPDFファイルで公開…

【公約検証2019】提案2:委員会審議のインターネット中継〜「神奈川県議会 議会改革50の提案」

提案2:委員会審議のインターネット中継 【内容】 公約:常任委員会、特別委員会、議会運営委員会及びその他会議をインターネットで中継します。 ↓↓↓ 現在:2018年9月より、常任委委員会、特別委員会、議会運営委員会がインターネットで生中継及び録画中継さ…

【公約検証2019】提案1:みんなに開かれた議会〜「神奈川県議会議会改革に関する50の提案」

提案1:みんなに開かれた議会 公約:議会施設の見学を自由にします。また、全ての来訪者が神奈川県議会に来た際に、開放 的な雰囲気を感じられるようにします。また、全ての会議を原則公開とします。 ↓↓↓ 現在:議会施設の見学には許可が必要ですが、神奈川県…

【公約検証2019年】「神奈川県議会 議会改革50の提案」概要

菅原直敏が2010年に提案した「神奈川県議会 議会改革50の提案」が9年経ってどのように実現されているかを検証していきます。この投稿にその概要を集約します。以下のリンクをクリックすると、各提案の進捗状況がわかります。順次更新を行っていきます。 ●…

2019年、あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 写真:勤務先側の若宮八幡宮 今年は平成最後の年です。 私も40歳になりましたが、人生の大半を平成の時代で過ごしてきました。 「ジャパンアズナンバーワン」とまで言われたバブル経済に始まり、崩壊後の暗澹たる時代を経…

第255〜257回県政スクエア開催

第255〜257回県政スクエア開催 12月は「人生100年時代を生きる〜命の終わりと向き合う時」というテーマで県政スクエアを開催しました。 両会場で40名強の方々がご参加されました。 人生を終わりからバックキャストして、今を考えることを非常に大切だと思い…

第254・255・257回スクエア 〜終末・命の終わりと向き合う時〜

県政スクエア 第254・255・257回スクエア〜終末・命の終わりと向き合う時〜 12月から3月までのスクエアでは人生のライフステージを、「終末」→「老い」→「働く」→「自分らしく生きる」と人生の終わりから遡りながら、考えていきたいと思います。…

10月11日厚生常任委員会〜意見発表(菅原直敏発言抜粋)

10月11日厚生常任委員会〜意見発表 開催日:平成30年10月11日 開催時間:午前10時31分~午後5時24分 開催場所:議会第5会議室 審査事項 平成30年第3回神奈川県議会定例会提出議案 出席者氏名(委員定数 13人のうち 13人出席) 田中(徳)委員長、中村(…

10月3日厚生常任委員会〜地域包括ケアシステムについて他

10月3日厚生常任委員会〜地域包括ケアシステムについて他 菅原委員:地域包括ケアシステムに関わってくるテーマ設定で質疑をさせていただきます。 この地域包括ケアシステムについて、実は自分自身が介護福祉の仕事に関わるまで、あまりよく分からなくて、で…

●先着200名● 介護・福祉・医療 創造的破壊 第250回県政スクエア

●先着200名● 介護・福祉・医療 創造的破壊 第250回県政スクエア 既得権、時代遅れの制度、そして私たちの常識、、、そうだ、全部、ぶっ壊そう!!少子高齢化、逼迫する財政、、、多くの人が自分の将来に漠然とですが不安を抱えています。 でも、今までのやり…

陳桎宏(ちんしこう)横浜総領事のお話し〜神奈川県議会日華親善議員連盟

議会運営委員会が終了した後、神奈川県議会日華親善議員連盟の講演会が開催され、メンバーとして参加しました。 講師は、陳桎宏(ちんしこう)横浜総領事です。 テーマは、台湾と日本の絆〜神奈川県との交流。 台湾の歴史、現状、展望についてわかりやすくお話…

北部タイ日本語・日本文化コンソーシアム

チェンマイ大学に伺い、北部タイ日本語・日本文化コンソーシアムを訪れ、どうコンソーシアムの八巻一二男会長、サンラヤー・コンジット事務局長を始めとする担当者からお話をお伺いしました。 1.北部タイ日本語・日本文化コンソーシアムの概要 2.タイに…

アヌサンスントンろう学校

アヌサンスントンろう学校を訪れ、SOMYOS NIMMANAHAEMINDA理事長を始めとする関係者から同校の取り組みをお伺いしました。 1.アヌサンスントンろう学校の概要 2.活躍する日本人 3.ハードではなくハート

文化芸術の情報発信のあり方〜マイイアム現代美術館

マイイアム現代美術館を訪れ、学芸員の説明の下、美術館の沿革・意義の説明を受け、館内を視察しました。 1.マイイアム現代美術館 2.外国人へ向けた広報のあり方 3.施設と運営のあり方

第7次産業とも呼べる山岳民族の自立的生活の向上〜ロイヤルプロジェクト インサノン

ロイヤル農業本部インサノン(The Royal Agricultural Station Inthanon)を訪れ、担当者からロイヤルプロジェクト財団とロイヤル農業本部インサノンの概要説明を受け、場内を案内して頂きました。 1.ロイヤルプロジェクトとロイヤル農業本部インサノンの概…

タイの社会課題は?〜タイ王国社会開発・人間安全保障省(タイ王国社会開発・人間安全保障省)

タイ王国社会開発・人間安全保障省を訪れ、USANEE KANGWANJIT総括監察官より、同省の概説を受け、意見交換を行いました。 1.タイ王国社会開発・人間安全保障省 2.タイの抱える社会課題 3.高齢化に直面するタイ

介護・福祉の施設・活動を巡る旅63件目〜社会資源が潤沢にある国の貧困、乏しい国の貧困〜ドゥアン・プラティープ財団

ドゥアン・プラティープ財団を訪れ、議連としてお持ちした子供用歯磨き粉、横浜市の実業家である小島様がお持ちしたお菓子やオムツを財団の教育施設にいる子供達やスラムの老人たちに寄付しました。 クロントイスラムを周回した後、同財団の施設に戻り、職員…

日泰の学術・産業連携〜お互いがWin-WInになる取り組みとは

泰日工業大学(Thai-Nichi Institute of Technology)を訪れ、Bandhit Rojaraynont学長から同大学の概要についてお伺いしました。また、株式会社Helteがタイと日本の間で進めるSailプロジェクトについて、後藤学代表からお伺いしました。 1.泰日工業大学(TNI…

タイ王国健康促進財団

タイ王国健康促進財団を訪れ、担当者より財団の概要をお伺いしました。また、説明の後、館内の展示施設を見学しました。 タイ王国健康促進財団は、2001年に健康促進基金法(the Health Promotion Foundation Act)により設立された自治的な政府機関です。 目指…

THE PRIME GATEWAY TO ASIA〜タイ・東部経済回廊(EEC)

タイ政府は現在「東部経済回廊(EEC=Eastern Economic Coridor)」の開発を進めている。首都のバンコクの南東の地域に広がるEECは南関東の1と3県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の総面積に匹敵する広さ(13,285㎢)があり、タイ政府が指定した10の重点産業に投資し…

ユーザー目線でインバウンドを考える重要性〜HISバンコク事務所

HISバンコク事務所を訪れ、津田周和様(Managing Director)、西岡功二様(General Manager)、小泉優樹様(Manager Business Strategy Department)から、タイにおけるインバウンド、アウトバウンドの現状などについてお伺いしました。 1.神奈川県の協賛金によ…

文教常任委員会意見発表

文教常任委員会が開催されました。 採決に先立って、質疑を総括して、端的に以下の意見を申し上げました。。 教育現場におけるICT環境の整備について、業務のICT化はやり方を誤ると返って業務効率が悪くなることもあります。現在、教員の働き方改革と生徒の…

日本一チャレンジする町宣言!〜横瀬町の取り組み「よこらぼ」

写真:今回は半分が市議・県議(但し、両名ともビジネスにも関わる)、半分がビジネスマンという民官混合チーム 埼玉県横瀬町を訪れ、富田能成町長始め担当職員の方々から、官民連携プラットフォーム「よこらぼ」の取り組みについてのお話をお伺いしました。 …

第245〜247回県政スクエア〜テーマ:将来の介護へ準備すること

第245〜247回県政スクエア〜テーマ:将来の介護へ準備すること 「介護は準備が全て」です。早ければ早いほど、自分や家族が介護状態になったときの、精神的、肉体的、経済的負担は少なくなります。しかし、一体何をどう準備すれば良いのかはわかりませ…

神奈川県日泰友好議員連盟

バンサーン・ブンナーク駐日タイ王国特命全権大使をお招きして、神奈川県日泰友好議員連盟主催の大使閣下の講演会と意見交換会を開催しました。 私も議連幹事長として司会を務めました。 タイと日本の友好の歴史やタイの経済や政治の現状がわかる素晴らしい…

神奈川県議会のICTが何故失敗したか

神奈川県議会は昨年より、議員全員に配布されたPCを一斉にタブレットPCに入れ替えました。これが多くの議員に不評で、端末の使いにくさも手伝って、大きな課題となっています。 実際、議場で電波が繋がらず紙の資料を持ち込まなければならなかった(現在多少…

働き方改革で増える県庁の仕事

一昨年、安倍首相が表明した「働き方改革」は、良くも悪くもバズワード(流行語)化し、神奈川県における議論にも影響しています。 厚生労働省のHPには、「働き方改革」は、この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる…

介護・福祉の施設・活動を巡る旅61・62件目~神奈川県の盲ろう教育〜平塚盲学校、平塚ろう学校

まず、平塚盲学校を訪問し、校長を含む先生方とともに、意見交換をしながら、校内を視察しました。 次に、平塚ろう学校を訪問し、校長を含む先生方と意見交換をした後、校内を視察しました。 1.平塚盲学校 2.平塚ろう学校 3.盲ろう教育施設を視察して…

 介護・福祉の施設・活動を巡る旅60件目~子どもの自立を一体的に支援~神奈川県立子ども自立生活支援センター「きらり」

神奈川県立子ども自立生活支援センターを訪問し、中田和之センター長、剣持道子センター長より同センターのご説明を受け、センター内を視察しました。 1.子どもの自立を一体的に支援する複合施設 2.センター設立の背景と機能と役割 3.運用一年、センタ…